パイオニアの自動運転関連子会社、MONETコンソーシアムに参加

パイオニアの3D-LiDARセンサー(標準タイプ)
  • パイオニアの3D-LiDARセンサー(標準タイプ)

パイオニアは、子会社のパイオニアスマートセンシングイノベーションズが、ソフトバンクとトヨタ自動車などの共同出資会社であるMONETテクノロジーズが設立した「MONETコンソーシアム」に参加したと発表した。

パイオニアスマートセンシングイノベーションズは、パイオニアの自動運転関連事業を承継する新会社として、2019年10月1日に設立。高性能で小型かつ低コストなMEMSミラー方式の3D-LiDARセンサーの開発を進め、2020年以降の本格的な量産を目指している。

MONETコンソーシアムは、日本におけるMaaSオープンプラットフォームの構築およびMaaSの普及促進、また、移動における社会課題の解決や新たな価値創造を目指して設立されたコンソーシアム。パイオニアスマートセンシングイノベーションズは今後、本コンソーシアムにて、独自のセンシング技術を用いた自動運転関連のサービスやソリューションの実現を目指していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース