VWの電動SUV、2022年から生産へ…新工場建設を米国で開始

フォルクスワーゲンの米国EV工場の完成予想図
  • フォルクスワーゲンの米国EV工場の完成予想図
  • フォルクスワーゲン ID. CROZZ(参考画像)
  • フォルクスワーゲン ID. CROZZ(参考画像)

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は11月13日、新世代EVの生産に向けて、米国で新工場の建設を開始した、と発表した。

フォルクスワーゲングループが電動化攻勢の中心に据えるのが、「ID.」ファミリーだ。最初の市販モデルとして、『ゴルフ』セグメントに属するコンパクトEVの『ID.3』を2020年に発売する予定。これに続いて、SUVセグメントには『ID. CROZZ』を投入する計画で、さらにMPVの『ID. BUZZ』を順次、市場に導入していく。

フォルクスワーゲングループは米国テネシー州チャタヌーガ工場に、およそ8億ドルを投資し、新世代EVの生産工場の建設を開始した。フォルクスワーゲンは現在、チャタヌーガ工場において、『パサート』と中型SUVの『アトラス』を組み立てている。同社は今後、チャタヌーガ工場を、EV生産における北米の中核拠点に位置づける。

またフォルクスワーゲングループは、チャタヌーガ工場に、EV用バッテリーパックの組立工場を建設する計画だ。同社は、2022年からチャタヌーガ工場で生産する最初のEVは、ID.ファミリーのSUVになる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース