ホンダ モンキー125、リアキャリアが強度不足で脱落するおそれ 自主改善へ

ホンダ モンキー125
  • ホンダ モンキー125
  • 改善箇所

ホンダは、後付け部品として販売した「モンキー125専用リアキャリア」に不具合があるとして、国土交通省へ自主改善を届け出た。対象となるのは、2018年6月11日から6月25日に出荷した2707個。

今回の不具合は、リアキャリアの強度不足。リアキャリアに荷物を積んだ状態で走行すると、走行振動によりパイプの溶接部に亀裂が生じることがある。そのため、そのまま使用を続けると亀裂が進行し、破断して、最悪の場合、リアキャリアが脱落するおそれがある。

自主改善として全車両、当該リアキャリアを取り外す。現時点で対策品は用意されない。なお、費用については返金する。

クレームは4件発生、事故は起きていない。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ヤフオク! オートバイ検索数ランキング、トップは大差で「モンキー」 2019年上半期 画像 ヤフオク! オートバイ検索数ランキング、トップは大差で「モンキー」 2019年上半期
  • ホンダ モンキー125、新色パールグリッターリングブルーを追加 画像 ホンダ モンキー125、新色パールグリッターリングブルーを追加
  • 【浦島ライダーの2輪体験記】ホンダ モンキー125は、「ま、いっか」と思う。 画像 【浦島ライダーの2輪体験記】ホンダ モンキー125は、「ま、いっか」と思う。

特集

おすすめのニュース