「サンデロ」ってどんな車? ルーマニアの最新鋭ハッチバックをスクープ

自動車 ニューモデル 新型車
ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
ルノー傘下であるルーマニアのメーカー、「ダチア」が販売するコンパクト・ハッチバック、『サンデロ』新型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

サンデロは2008年に初代が登場、ロシア、南アフリカ、南米市場では、ルノー『サンデロ』として販売されており、ルノー史上初の欧州市場以外での発売モデルとなった。現行モデルは2012年9月のパリモーターショーにて発表、2016年に大幅改良が執行され、現在に至っている。

実質的には「クリオ」の廉価バージョンといっていいモデルだが、次期型では、高級感がぐっと向上するという。捉えたプロトタイプからは、刷新されたボディパネルのほか、完全に再設計されたグリルやヘッドライト、水平のテールライト、クリオのようなリアエンドなどが見てとれる。ボンネットフードから出でいる青いワイヤーは、おそらくキャビン内の測定器と接続されているはずだ。

アーキテクチャには、クリオ新型から流用される「CMF-B」プラットフォームのシンプルバージョンを採用、それにより、ボディを拡大、安全性が高められ、運転性能も向上するという。

パワートレインは、現行モデルに設定されている0.9リットルの代わりに、ルノー製1.0リットル直列3気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力100psを発揮する。さらに最高出力115psを発揮する新開発1.3リットル直列4気筒TCeターボ、最高出力95psを発揮する1.5リットルBlue dCiターボディーゼルなどのラインアップが予想されるだろう。また遅れてハイブリッドモデルも追加設定される可能性があるようだ。

サンデロのワールドプレミアは、2020年3月のジュネーブモーターショー、あるいは9月のパリモーターショーと予想され、クロスオーバーバージョンも設定される予定だ。

ルーマニア最新鋭ハッチバックをスクープ...「サンデロ」ってどんな車?

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

  • スバル BRZ、大幅改良の果てに「86」と共通化!? プロトタイプをスクープ 画像 スバル BRZ、大幅改良の果てに「86」と共通化!? プロトタイプをスクープ
  • ランドローバー レンジローバー に防弾装甲仕様車、「センチネル」 画像 ランドローバー レンジローバー に防弾装甲仕様車、「センチネル」
  • レクサス LCコンバーチブル、市販モデルをスクープ!価格は1500万円クラスか 画像 レクサス LCコンバーチブル、市販モデルをスクープ!価格は1500万円クラスか

特集

おすすめのニュース