八千代工業、高圧密閉樹脂製燃料タンクなど出展予定…東京モーターショー2019

八千代工業は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展、高圧密閉樹脂製燃料タンクなど、軽量化に貢献する各種製品を紹介する。

高圧密閉樹脂製燃料タンクでは、十分な容量を確保しつつ内外部からの圧力変化に耐える技術と、低コストを実現する樹脂支柱を用いた密閉化技術を紹介。低炭素社会に寄与する燃料電池車用水素タンクも参考出品する。

サンルーフ「パノラマ フラッグシップ」は、部品の最小化と最適配置により薄さと大開口を両立し、意匠性も付与しつつトップレベルの軽さを実現。今回は、ガラス開口方法にも趣向を凝らした、ルーフシステムとしてのバリエーション拡充の一例を紹介する。

樹脂バックドアモジュールでは、大型樹脂部品であるインストルメントパネルやバンパーなどで培った樹脂成形・塗装技術を応用。電動化などにより車体重量が増加傾向にあるクルマの軽量化に貢献する技術を紹介する。

CFRPルーフは、ホンダ『S660』向けに6月に発売したカスタムパーツ。量産技術であるPCM工法を用いて生産しており、クルマの軽量化に大きく貢献するCFRPのCAE解析や設計技術、塗装技術などを紹介する。

このほかブースでは、ヤチヨに所属する土田和歌子選手が駆るCFRP製の陸上競技用車いすなどを展示する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース