国交省が東京モーターショー2019に出展 ドライバー異常時対応システム体験も

ASV紹介ブースのイメージ
  • ASV紹介ブースのイメージ
  • ASV推進計画
  • ドライバー異常時対応システムの概要

国土交通省は、先進安全自動車(ASV)を広く紹介するため、10月23日から開催される「第46回東京モーターショー2019」にブースを出展すると発表した。

ブースでは、ASV推進計画の概要やこれまでの取り組みを来場者に紹介するとともに、パネル展示や、実用化されたASV技術を紹介する映像を上映する予定。

また、会場周辺では大型バスのドライバーが安全に運転できない状態に陥った場合、車両を自動的に停止させる「ドライバー異常時対応システム」の一般向け体験会も実施する。参加は先着順で無料。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • クルマがまっすぐ走らない? 覚えておきたい「エーミング」の重要性 画像 クルマがまっすぐ走らない? 覚えておきたい「エーミング」の重要性
  • 国交省、ASV機器などを導入するバス・タクシー・トラック運送事業者を支援 画像 国交省、ASV機器などを導入するバス・タクシー・トラック運送事業者を支援
  • 三菱ふそう、ドライバー異常時対応システムを搭載した大型路線バスを発売へ 画像 三菱ふそう、ドライバー異常時対応システムを搭載した大型路線バスを発売へ
  • ドライバー異常時対応システムの要件を策定…交差点での停止を回避 画像 ドライバー異常時対応システムの要件を策定…交差点での停止を回避

特集

おすすめのニュース