マツダの技術研究員、自動運転技術の国際標準化で経済産業大臣表彰を受賞

マツダ本社(広島)
  • マツダ本社(広島)

マツダは10月8日、同社技術研究所 主幹研究員の三角正法(みすみまさのり)氏が、運転支援・自動運転などの技術に関する国際標準化事業への貢献により、令和元年度「産業標準化事業表彰」の経済産業大臣表彰を受賞したと発表した。

マツダが標準化事業表彰を受賞するのは、平成28年度「工業標準化事業表彰」国際標準化貢献者(産業技術環境局長表彰)受賞以来、2度目となる。

経済産業省は、毎年10月を「産業標準化推進月間」とし、日本の産業の発展に資するため、世界で通用する国際標準化人材の育成、我が国における産業標準の促進を図ることを目的として、「産業標準化事業表彰」制度(旧名称:工業標準化事業表彰)を設置し、毎年度表彰を行っている。

今回の受賞では、注目度の高い運転自動化技術に関する国際標準を策定するISO/TC204/WG14のコンビーナ(作業グループの国際議長)として、15件の国際標準の策定に尽力したこと、関連する標準化機関との協力関係の構築など、規格の普及啓発への貢献が高く評価された。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集