サンライズが日野のアニメーションを制作…東京モーターショー2019で初公開予定

「機動戦士ガンダム」、「コードギアス」、「ラブライブ」シリーズを手がけるスタジオが制作を担当(東京モーターショー2019出展予定)。
  • 「機動戦士ガンダム」、「コードギアス」、「ラブライブ」シリーズを手がけるスタジオが制作を担当(東京モーターショー2019出展予定)。
  • プロフィア・ハイブリッド。100km先までの勾配を先読み、AIが走行負荷を予測し、最適なハイブリッド制御を行なう世界初の技術を搭載したトラック(東京モーターショー2019出展予定)。
  • ダカール・ラリーの常勝マシンである日野レンジャーをベースにした参戦車(東京モーターショー2019出展予定)。
  • 路肩退避型ドライバー異常時対応システム シミュレーター(EDSS:Emergency Driving Stop System)も体験出来(東京モーターショー2019出展予定)。

日野自動車は、2019年10月24日から12日間、東京ビッグサイト、および、青海エリア、有明エリアで開催される第46回東京モーターショー2019に出展するコンセプトモデルや、出展内容について発表した。

事前説明会では渉外広報部広報室企業PRグループ長の澤田智則氏が登壇し、コンセプトキーワードの「Transporting Every Happiness」についての解説が行なわれた。またこのコンセプトに沿ったアニメーション作品『あの日の心をとらえて』も制作中とのこと。監督に京極尚彦氏、キャラクター原案に宇木敦哉氏を迎え、サンライズが制作を担当する。こちらの作品は、日野自動車ブースにて初公開となる予定だ。

会場内の出展物は、日野『プロフィア・クールハイブリッド』や、ダカールラリーレース参戦車の実車を展示。また、万が一のドライバーの異常を車両が感知し、路肩まで車両を誘導・停止させるドライバー異常時対応システムのシミュレーターや、ドライバーと運行管理者を通信システムで繋ぎ、安心安全な稼動や省燃費運転をサポートする「HINO CONNECT」の体験スペース、キッズコーナーの設置などが予定されているとのこと。

《関口敬文》

編集部おすすめのニュース

特集