セレンス、ニュアンスのオートモーティブ部門から独立 新会社として稼働開始

セレンス(イメージ)
  • セレンス(イメージ)
  • セレンス(イメージ)

セレンスは、ニュアンスのオートモーティブ部門より正式に独立し、次世代の自動車向けソフトウェアを提供する新会社として10月1日より稼動を開始した。

セレンスは、AI、自然言語理解、声紋認証、ジェスチャーと視線検知、拡張現実(AR)を統合し、次世代自動車向けに、安全で、情報に満ちた、車内での楽しい時間を提供する没入型エクスペリエンスを提供。現在、アウディ、BMW、ダイムラー、フォード、吉利汽車、GM、上海汽車、トヨタなど、世界中で約3億台の自動車に搭載され、70以上の言語をサポートしている。

今回、セレンスは自動車向けソフトウェアに特化した新会社として独立。サードパーティのバーチャル・アシスタント、および自動車メーカーブランドのインターフェイスと、オープンで中立的なプラットフォームを組み合わせたソリューションを提供することで自動車技術市場でのプレゼンスを拡大させていく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集