ニュアンス、自動車向けソフトウェア部門が独立 新会社名は「セレンス」

セレンス(ロゴ)
  • セレンス(ロゴ)

ニュアンス・コミュニケーションズは、同社のオートモーティブ部門がスピンオフして新たに設立する会社名を「Cerence(セレンス)」とすると発表した。

セレンスは、オートモーティブ・ソフトウェア企業として独立し、公開企業として2019年10月1日より稼働開始。新しい社名およびブランド・アイデンティティは、同日より正式に展開する予定だ。

セレンスは、インテリジェンス、エクスペリエンス、セレニティ(平穏)、コントロールなどの単語のパワフルな視覚的、言語的な意味合いをもとに新たにつくられた造語。新ロゴデザインは、人間の右脳と左脳、つまり芸術と科学そしてエクスペリエンスとイノベーションの融合から着想を得たもので、タイポグラフィは流動性と前進する動きを連想させるデザインとなっている。

セレンスでは、音声、タッチ、ジェスチャー、感情、視線などの認識技術を結合し、ドライバーと自動車、デジタル世界の間により深いつながりを構築。より満足できる、安全で、情報に満ちた、車内での楽しい時間を提供する没入型エクスペリエンスの実現を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • コンチネンタル、次世代の音声アシスト開発…複数の質問にも対応 画像 コンチネンタル、次世代の音声アシスト開発…複数の質問にも対応
  • カーナビの音声で自宅エアコンを操作 クラリオンが新サービス開始へ 画像 カーナビの音声で自宅エアコンを操作 クラリオンが新サービス開始へ
  • ニュアンス、中国ジーリーのデジタルコックピットに音声対話型AIを提供 画像 ニュアンス、中国ジーリーのデジタルコックピットに音声対話型AIを提供
  • ニュアンス、BMWの車載アシスタントに音声対話型AIを提供 新型3シリーズ に初搭載 画像 ニュアンス、BMWの車載アシスタントに音声対話型AIを提供 新型3シリーズ に初搭載

特集