軽自動車の価格10年で36%も上昇、「庶民の足」負担重く[新聞ウォッチ]

ホンダN-BOX
  • ホンダN-BOX
  • メルセデスベンツGLCクーペ改良新型

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

地方で暮らす「庶民の足」として“安い”イメージの軽自動車の平均価格が上昇しているという。総務省の小売物価統計調査によると、7月時点の平均価格は142万3765円で、10年前の2009年(104万4750円)に比べ36.3%も上昇しているそうだ。

すでに、共同通信などが配信した記事をきょうの産経も「生活面」で取り上げている。それによると、価格が上昇している理由としては「高齢者の運転ミスによる事故が問題となる中、自動ブレーキなど安全装備が充実しコスト増となったのが影響している」と伝えている。

調査は生活に重要な商品の価格を全国規模で毎月実施しているもので、自動車は販売台数の多い複数車種をベースに平均価格を算出。軽自動車の価格は2009年以前には100万円以下で購入できる車種も多かったが、その後はほぼ一貫して上昇し、2015年には130万円、昨年は140万円を突破したという。

たとえば、国内新車販売台数で首位を続けているホンダの『N-BOX』にしても最低価格(消費税込み)は140万円台。小型車の『フィット』とほぼ変わらない。記事では「足元の販売は好調だが、上昇基調が続けば車離れが拡大する可能性がある」とも指摘している。

2019年10月4日付

●東京海上米大手を買収3300億円(読売・11面)

●EUに報復関税、米、18日にも発動、8000億円分航空機摩擦(朝日・1面)

●日米株安米景気を懸念、製造業、減速指標相次ぐ(朝日・7面)

●SOMPOが駐車場シェア、最大手アキッパに出資し参入(朝日・7面)

●9月の米新車販売日本勢苦戦(朝日・9面)

メルセデスベンツGLCクーペ改良新型●ベンツ、主力SUV改良(朝日・9面)

●日鉄、日新製鋼と合併来年4月、高炉3社に集約(毎日・7面)

●軽自動車、10年で36%価格上昇、安全装備充実コスト増(産経・19面)

●事故リスク車載カメラが判定、三井住友海上来年新サービス(東京・6面)

●新橋駅にホームドア、都、浅草線で(日経・35面)

《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集