パイオニア、自動運転事業を分社独立へ 3D-LiDAR活用の技術開発を加速

パイオニアの3D-LiDARセンサー(標準タイプ)
  • パイオニアの3D-LiDARセンサー(標準タイプ)

パイオニアは、自動運転関連事業を担うスマート&オートノマスモビリティ事業グループの事業活動を承継する新会社「パイオニア スマートセンシングイノベーションズ」を新設分割により10月1日付で設立すると発表した。

パイオニアは、2020年以降の本格的な量産を目指し、高性能で小型かつ低コストなMEMSミラー方式の3D-LiDARセンサーの開発を進めている。3D-LiDARセンサーは、レベル3以上の自動運転の実現や高精度な物体認識・データ収集に不可欠なキーデバイスと言われており、同社は昨年より、2018年モデルを提供するとともに、3D-LiDARセンサーを活用した高精度な「物体認識アルゴリズム」および「自車位置推定アルゴリズム」の開発を行っている。

新会社は、スマート&オートノマスモビリティ事業グループの高木晴彦部長が社長に就任。3D-LiDARセンサーを核としたセンシング技術を軸にパイオニアグループの自動運転関連事業をさらに推進していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース