トヨタ、プロボックス など5万9000台をリコール デフオイル漏れで制動力低下のおそれ

トヨタ・プロボックス(参考画像)
  • トヨタ・プロボックス(参考画像)
  • 改善箇所

トヨタ自動車は9月26日、『プロボックス』など3車種5万9671台について、4WD車のリヤアクスルに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、トヨタ『プロボックス』『サクシード』、マツダ『ファミリアバン』の3車種で、2014年8月4日~2019年3月6日に製造された5万9671台。

4WD車のリヤアクスルにて、オイルシールの材質が不適切なため、低温環境下での使用により、シールリップ部が異常摩耗することがある。そのため、デフオイルが漏れ、最悪の場合、漏れたオイルがブレーキシューに付着して制動力が低下するおそれがある。

改善措置として、全車両、オイルシールを対策品に、リテーナを新品に交換する。また、ベアリングおよびブレーキシューを点検し、オイル付着がある場合はベアリングやブレーキシューを新品に交換する。

不具合は56件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、ヴォクシー など5車種52万台をリコール 燃料ポンプとシートリクライニングに不具合 画像 トヨタ、ヴォクシー など5車種52万台をリコール 燃料ポンプとシートリクライニングに不具合
  • 【トヨタ プロボックス/サクシード 新型試乗】ハイブリッド化でさらに扱いやすくなった…渡辺陽一郎 画像 【トヨタ プロボックス/サクシード 新型試乗】ハイブリッド化でさらに扱いやすくなった…渡辺陽一郎
  • トヨタ プロボックス/サクシード、初のハイブリッド車追加へ…ビジネスパートナー 画像 トヨタ プロボックス/サクシード、初のハイブリッド車追加へ…ビジネスパートナー

特集

おすすめのニュース