ルイガノから都心の坂道の楽々こなすE-スポーツバイク『アビエーター-E』登場

ルイガノ 『アビエーター-E』MATT BRONZE
  • ルイガノ 『アビエーター-E』MATT BRONZE
  • ルイガノ 『アビエーター-E』MATT GRAPHITE
  • 36V/10.9Ahの大容量バッテリー
  • 残り走行距離などを表示できるサイクルコンピューター
  • クランク軸からダイレクトにアシストパワーが伝達される
  • シンプルになったスイッチ
  • ルイガノ 『アビエーター-E』LG RED
  • ルイガノのロゴマーク

株式会社あさひが日本総販売代理店を務めるカナダのスポーツバイクブランド、ルイガノがクロスバイク型のE-スポーツバイク『アビエーター-E』を新たにリリース。都内でメディア向けの試乗会が開催された。

E-スポーツバイクとはスポーツサイクルの電動アシスト自転車のこと。従来の軽快車の電動アシスト自転車とは異なり、クランク軸からダイレクトにアシストを受けることができ、バッテリーの配置もダウンチューブ上とすることで、よりスポーツサイクルらしい乗り味を実現した電動アシスト自転車である。

今回ルイガノから登場した『アビエーター-E』はシマノ製の新型ドライブユニット「SHIMANO STEPS E5080」を搭載。上位モデルの基本性能を継承しながらも、構造をシンプルとすることで軽量に仕上がっていることが特徴だ。

実際に乗ってみると、アシストパワーがかかる感覚が従来のモデルよりも自然になっており、普通のクロスバイクに乗っているかのような感覚である。その上で、もちろん25km/h以下ではアシストが働くため、坂道はもちろんのこと、平坦な道でも軽快に走ることができた。都心の細かな坂道なども楽々こなすことができるだろう。

36V/10.9Ahの大容量バッテリーにより、1回の充電で100kmほどを走ることができるため、ロングライドを楽しんでもいい。カラーはMATT GRAPHITE、LG RED、MATT BRONZEの3色。マットカラーは高級感が漂う佇まいだ。価格は228,000円(税抜)。

《釜田康佑》

編集部おすすめのニュース

  • あさひ、新型ドライブユニット採用のオリジナル電動アシスト自転車「エナシスフィール」発売へ 画像 あさひ、新型ドライブユニット採用のオリジナル電動アシスト自転車「エナシスフィール」発売へ
  • 電動アシスト付きスポーツ自転車で「しまなみ海道」を満喫…E-BIKEアクション 画像 電動アシスト付きスポーツ自転車で「しまなみ海道」を満喫…E-BIKEアクション
  • トヨタレンタカー都内4拠点、電動アシスト自転車のレンタル「ちかチャリ」開始 画像 トヨタレンタカー都内4拠点、電動アシスト自転車のレンタル「ちかチャリ」開始
  • 北米COTY 2020、トヨタ スープラ や マツダ3 が 選出…セミファイナル12車種 画像 北米COTY 2020、トヨタ スープラ や マツダ3 が 選出…セミファイナル12車種

特集

おすすめのニュース