フィアット 500 に120周年記念車---当時のビジョンにこだわりつづけた

フィアット120周年記念限定車 500 120 th タキシード
  • フィアット120周年記念限定車 500 120 th タキシード
  • フィアット120周年記念限定車 500 120 th タキシード
  • フィアット120周年記念限定車 500 120 th タキシード
  • フィアット120周年記念限定車 500 120 th タキシード
  • フィアット120周年記念限定車 500 120 th タキシード
  • フィアット120周年記念限定車 500 120 th タキシード
  • フィアット120周年記念限定車 500 120 th タキシード
  • フィアット120周年記念限定車 500 120 th タキシード

FCAジャパンは9月29日、フィアットブランド120周年を記念する限定車『500 120th タキシード』 を発売した。限定285台の販売で、このうちハッチバックが185台、カブリオレ100台の設定で、消費税10%込みの価格は269万~289万円となっている。

FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長は同日、都内で開いた発表会で限定車について「本格的な祝賀スタイルとしてタキシードからのインスピレーションを得て、控えめながらもエレガントなツートンカラーに仕上がってる。クロームのボンネットライン、ブロンズフィニッシュの個性的なアルミホイール、そして専用の120周年記念バッジが独自のスタイルを形作っている」と紹介。

限定車のボディカラーは、3層仕上げのパールペイント、アイスホワイトをベースに、ルーフおよびピラー、ドアミラーをブラックで施した2トーン仕上げとなっている。また120周年記念バッジはBピラーの付け根に装着されている。

さらにヘグストロム社長は「インテリアにも細やかな配慮が施されている。縦のピンストライプを特徴とする専用のファブリックシートにはレザーのインサートがあしらわれ、ボルドー色のシートバックが上質さと洗練さを加えている」と述べた。

また120周年記念限定車のベースとなっているフィアット500の日本市場の動向に関しては「現行のフィアット500は2007年に誕生し、これまでに200万台以上が生産されている。日本へは2008年に導入され、これまでに4万8000台を超える500が日本全国の家々に納車された。2014年には販売台数の記録更新となる4650台を達成。2019年もこれに並ぶ勢いになっている。当時と比べてもかなり競争が激しく、新型車も非常に多い市場環境であるにもかかわらずの状況となっている」と分析。

その上で「日本市場において、これほど安定的な力を持つクルマは多くはない。スモールイズビューティフルというオリジナルの方程式に忠実にあり続けていることが、この成功につながっているといえる」と強調した。

一方、フィアットブランドが120周年を迎えたことについては「120年という歴史、伝統を持つ自動車ブランドは多くはない。また当時のビジョン、すなわちコンパクトであるということにこだわり続け、また手に届きやすい価格で、しかもスタイリッシュなモータリングを約束するというクルマも多くない」と話していた。

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • フィアット500/500C、創業120周年記念限定車第2弾「タキシード」を発売 画像 フィアット500/500C、創業120周年記念限定車第2弾「タキシード」を発売
  • フィアット 500、創業120周年の限定モデル発売へ 画像 フィアット 500、創業120周年の限定モデル発売へ
  • ルノー カングー、限定車「クルール」第11弾発売へ オレンジ色の街並みをイメージ 画像 ルノー カングー、限定車「クルール」第11弾発売へ オレンジ色の街並みをイメージ
  • BMWのPHVスポーツカー『i8』、2020年春に生産終了へ…最終限定車を発表 画像 BMWのPHVスポーツカー『i8』、2020年春に生産終了へ…最終限定車を発表

特集