BMW M8クーペ に謎のウィング…700馬力の高性能モデル「CS」か

BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

BMWのフラッグシップ・2ドアクーペ『8シリーズ』の頂点に設定される『M8クーペ』が、ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

M8クーペ/カブリオレはすでに発表されているが、捉えた車両はかなり厳重なカモフラージュが施されている。ディテールは不明だが、大型リアウィングを装備しており、さらなる高性能モデル「CS」(クラブスポーツ)のテスト車両である可能性がありそうだ。

M8は、4.4リットルV型8気筒ツインターボガソリンエンジンをM社がチューン。最高出力600hp、最大トルク750Nmを発揮し、0-100km/h加速は3.3秒、最高速度250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを持つ。また上位モデル『M8コンペティション』では、同エンジンをブーストアップし、最高出力が617hpまで高められ、0-100km/h加速は3.2秒まで短縮されている。トランスミッションは8速「Mステップトロニック」で、Mセレクターレバーやパドルシフトで操作が可能となっている。

捉えたテスト車両は、リアウィングのほか顕著なリップスポイラー、キドニーグリルの奥には強化バーを装備している。おそらく、サイドエアインテークに専用のデザインが与えられるほか、サスペンションも専用セッティングされ、ルーフやディフューザーにカーボンファイバーが採用される可能性も高い。

キャビン内は撮影できていないが、アルカンターラを巻いたステアリングホイールをはじめカーボンファイバートリムなどスポーティな空間を演出してくれるはずだ。

注目のパワーだが、最高出力は700psとも噂されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 完全に見えた!VW ゴルフGTE 新型、年内にも初公開か 画像 完全に見えた!VW ゴルフGTE 新型、年内にも初公開か
  • 時速490km超え!世界最速のブガッティ、350万ユーロで市販化へ 画像 時速490km超え!世界最速のブガッティ、350万ユーロで市販化へ
  • 帰ってきた究極…メルセデスAMG GT R「ブラックシリーズ」がニュル降臨 画像 帰ってきた究極…メルセデスAMG GT R「ブラックシリーズ」がニュル降臨
  • 「クレイジーハッチ目指した」450馬力のVW ゴルフGTI、その静かな迫力 画像 「クレイジーハッチ目指した」450馬力のVW ゴルフGTI、その静かな迫力
  • 【トヨタ カローラ 新型】絶滅寸前のセダンを救えるか? 国内専用モデルとなった理由 画像 【トヨタ カローラ 新型】絶滅寸前のセダンを救えるか? 国内専用モデルとなった理由

特集

おすすめのニュース