VWが新しいロゴを発表、電動化やコネクトを象徴…フランクフルトモーターショー2019

フラットな2次元デザイン

「GTI」は赤いVWロゴに

デジタル化にも柔軟に対応

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は9月9日、ドイツで開催したフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)のプレビューイベントにおいて、新しいロゴを発表した。

新しいロゴは、同時に発表された新型EVの『ID.3』とともに、フォルクスワーゲンの新しい時代の始まりを示すものに位置付けられる。フォルクスワーゲンの未来を象徴するキーワードは、電動化、完全なコネクテッド機能、ニュートラルなカーボンバランスだ。新しいロゴの導入とともに、フォルクスワーゲンは、よりモダンでリアルな、世界的に統一された360度のブランド体験を創出していく。

フラットな2次元デザイン

新しいフォルクスワーゲンのロゴは、フラットな2次元デザインとし、よりクリアで無駄のないデザインとした。従来のバージョンとの大きな違いは、「W」の下部が輪郭のサークルから浮いている点だ。このロゴは、柔軟に適用されることを意図しており、デジタルメディアにも適するように制作された。新しいブランドロゴへの切り替えは、2020年半ばまでに完了する予定だ。

新しいブランドロゴの世界的な展開は、フランクフルトモーターショー2019から始まった。プレビューイベントの「フォルクスワーゲングループナイト」で新しいロゴが発表され、ドイツ・ウォルフスブルグ本社ビルに設置された新しいロゴの点灯を合図に、新しいブランドデザインとロゴの使用が開始された。

全世界における新しいロゴへの切り替えは、コストとリソースの最適化を考慮しながら行われる。最初は、欧州の拠点とディーラーにおいて、続いて10月には中国で変更が実施される。その後、2020年の初めから、北米、南米、その他の地域で段階的に実施され、2020年の半ばまでに完了する予定だ。

「GTI」は赤いVWロゴに

新しいロゴは、シンボルでもあり、登録商標でもある。デザインは、よりモダンかつクリア、シンプルさを追求している。これまでのロゴは、ブルーとホワイトを組み合わせたものだった。新しいロゴには、新しいブルーのトーンが追加され、追加のカラーバリエーションも認められている。たとえば、高性能な「GTI」モデル用には、レッドのフォルクスワーゲンロゴが使用される。

フォルクスワーゲンによる新たなブランディング活動は、自動車業界において、世界最大級のプロジェクトになるという。全体として、171の市場が変更の対象となり、世界中の1万のディーラーとサービスパートナーの施設で、約7万のロゴが変更される。

デジタル化にも柔軟に対応

また近年、シンプルで使いやすいインターフェイスを備えたデジタルアプリケーションの重要性が非常に高まっている。そのため、将来的にこのロゴは、新しい「ムービングフレーム」と呼ばれる枠の中に柔軟に配置することができるようになるという。

ムービングフレームは、右下のコーナーをロゴの最終固定位置として、フレームとともにデジタルメディアのユーザーインターフェイスを自在に移動できるものだ。これにより、ロゴを最も効果的な位置に柔軟に配置することができる、としている。

[PR]いまや自動車には必須の装備となっているドライブレコーダーだが、その記憶媒体のSDカードは、他の電子機器と比べて過酷な環境…

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース