三菱ふそう、ドライバー異常時対応システムを搭載した大型路線バスを発売へ

三菱ふそうトラック・バスは、ドライバー異常時対応システム(Emergency Driving Stop System:EDSS)を新搭載した大型路線バス『エアロスター』の2019年モデルを発表、9月より販売開始する。

EDSSは、ドライバーが安全に運転出来ないなどの緊急事態が発生した場合、運転席および運転席後方の客席最前部に設置された非常ボタンを押すことで、車両を緊急停止させる安全装置。

非常ボタンが押され、システムが車両の減速を開始する時は、車内で警報音とアナウンスが流れるのと同時に、車外ではハザードランプの点滅とクラクションが連続吹鳴して周囲に緊急停止を通知する。

また、同モデルはJ-OBD II 規格にも対応。高度な車載式故障診断システム(OBDシステム)を新規搭載することで、故障を確実かつ早期に検出可能になった。加えて、視認性をさらに高めたLEDテールランプも新採用した。

《丹羽圭@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース