ボルグワーナー、新開発の電動ターボ発表へ…フランクフルトモーターショー2019

ボルグワーナーの新開発の電動ターボなど
  • ボルグワーナーの新開発の電動ターボなど
  • integrated drive module (iDM)
  • P2 On-Axis Drive Module

ボルグワーナー(BorgWarner)は8月27日、9月にドイツで開催されるフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、新開発の電動ターボを初公開すると発表した。

この電動ターボは、「eTurbo」と命名された。タービンと同じ単一のシャフトに取り付けられた「eマシン」と呼ばれるモータージェネレーターを備えたターボチャージャーとなる。

ターボのアシストが必要な場合、eマシンはターボシャフトを回転させて、ほぼ瞬時にトルクをブーストする。また、必要以上に多くのタービンエネルギーが排気流から生成されると、システムがこれを電気エネルギーとして蓄える。

ボルグワーナーは、フランクフルトモーターショー2019のテーマ「Driving Tomorrow」に沿って、電動化技術を中心に出展していく。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • アウディ A6アバント 新型に最強の『RS6』、600馬力ツインターボ搭載 画像 アウディ A6アバント 新型に最強の『RS6』、600馬力ツインターボ搭載
  • ポルシェ 911 新型に385馬力ツインターボのベースモデル…10万4655ユーロから 画像 ポルシェ 911 新型に385馬力ツインターボのベースモデル…10万4655ユーロから
  • 【ダイハツ タント 新型試乗】NAとターボの違いは? 公道試乗で再発見した新型の魅力…島崎七生人 画像 【ダイハツ タント 新型試乗】NAとターボの違いは? 公道試乗で再発見した新型の魅力…島崎七生人

特集

おすすめのニュース