ランボルギーニの新型ハイブリッド「ウニコ」、V12+モーター3基で1000馬力か

自動車 ニューモデル 新型車
ランボルギーニ 新型ハイブリッド ウニコ
  • ランボルギーニ 新型ハイブリッド ウニコ
  • ランボルギーニ 新型ハイブリッド ウニコ
  • ランボルギーニ 新型ハイブリッド ウニコ
  • ランボルギーニ 新型ハイブリッド ウニコ
  • ランボルギーニ 新型ハイブリッド ウニコ
かねてから噂のあったランボルギーニの新型ハイパー・ハイブリッドカー、『ウニコ』(コードネームLB48H)が9月10日開催のフランクフルトモーターショーで初公開されることがわかった。

但し、一般には公開されず、顧客向けのみのプレビューとなる可能性もあるようだ。最新情報によると、パワートレインは6.5リットルV型12気筒NAエンジン+電気モーターのハイブリッドが有力とされる一方、3基の電気モーターを搭載し、システム合計の最高出力は1,000psを発揮するプラグインハイブリッドとも噂されている。以前、ウニコとは別に1,000ps級のモデルを計画している可能性をお伝えしたが、どうやらウニコ自身の性能であることがわかった。

エクステリアは、同社初のエレクトリックモデル『テルツォ・ミッレニオ』からインスパイアされたデザインが予想されており、価格は250万ドル(約2億7千万円)ながらすでに完売、プレミア価格となっている可能性もあるようだ。

ランボルギーニ新型ハイブリッド、「ウニコ」は3基のモーター搭載で1,000馬力発揮の可能性!

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 最高速度は480km/h!幻のスーパーカー「トゥアタラ」ついに市販化へ 画像 最高速度は480km/h!幻のスーパーカー「トゥアタラ」ついに市販化へ
  • ゴードン・マレー、新型スーパーカー開発へ…980kgの軽量ボディに650馬力 画像 ゴードン・マレー、新型スーパーカー開発へ…980kgの軽量ボディに650馬力
  • アキュラの高性能車「タイプS」、10年ぶりに復活へ…コンセプトカーを8月15日に発表予定 画像 アキュラの高性能車「タイプS」、10年ぶりに復活へ…コンセプトカーを8月15日に発表予定
  • デトマソが復活、創業60周年に合わせて『P72』発表…グッドウッド2019 画像 デトマソが復活、創業60周年に合わせて『P72』発表…グッドウッド2019

特集