出光興産、販売店ネットワークを活用した地域密着型MaaS事業の実証開始

超小型EV タジマ ジャイアン
  • 超小型EV タジマ ジャイアン
  • オートシェア公式予約サイト トップページ
  • モデルAでは、平日は地元企業の営業車、休日は一般ユーザ向けの車両として利用できる
  • モデルBでは、観光施設の駐車場をステーション化し、観光客向けのサービスを提供
  • カーステーション地図(飛騨)
  • カーステーション地図(高山)

出光興産は、販売店ネットワークを活用した超小型EVによるカーシェアリング事業「オートシェア」の実証実験を、岐阜県飛騨市および高山市で8月より開始する。

実証実験は、同社の販売店ネットワークを活用した地域密着型サービスとして実施。タジマモーターコーポレーションが開発する超小型EV『ジャイアン』を牛丸石油(岐阜県飛騨市)に貸与し、一般と法人を対象にカーシェアリングサービスを提供する。

一般向けサービスは、地元企業や道の駅の駐車場5か所をステーションとし、地元住民や観光客などに、買い物や観光スポット間の近距離移動の足としてカーシェアリングサービスを提供。地元企業や観光施設は、超小型EVによる集客効果が期待できるだけでなく、中小企業では展開しにくい環境負荷低減のPRも可能だ。

法人向けサービスは、牛丸石油から地元企業に車両を貸与し、平日は営業車としての使用、休・祝日は、一般向けにカーシェアリング車として活用。カーシェアリングビジネスの課題である車両の稼働率の低さの改善を図る。

同社は今回の実証実験を通し、販売店ネットワークを活用した新たなビジネスモデルの検証と、独自のカーシェアリングシステムによる幅広い利用者を対象とするMaaSプラットフォームの構築を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集