「東京BRT」の本格運行を担う新会社設立…都心と臨海部とを結ぶ次世代バス交通

東京BRT
  • 東京BRT
  • 東京BRT
  • 豊洲から晴海を望む。

京成グループの京成バスは7月31日、東京都心と臨海部とを結ぶ「東京BRT」の本格運行を担う東京BRT株式会社を設立した、と発表した。資本金は7500万円、京成バスが100%出資する。会社設立は7月8日付。

BRTはバス・ラピッド・トランジット=バス高速輸送システムの略。連節バス、ICカードシステム、道路改良等により、路面電車に遜色のない輸送力と機能を有し、かつ、運行の柔軟性も備えたバスをベースとした、都市交通システムのことだ。

東京都では、臨海地域における豊洲市場の開場や環状2号線など道路の整備、住宅開発などによる交通需要の増加に対応するため、2014年に「都心と臨海副都心とを結ぶBRT協議会」を設立して、この新たな交通システムについて検討を始めた。2015年に基本計画を策定、京成バスが運行事業者に選定された。「東京BRT」の名称は公募に基づいて2018年に決定、2019年になってシンボルマークや車両、停留所などのデザインが発表された。

今後2020年度に京成バスによってBRTの「プレ運行」が開始され、新会社は、東京オリンピック・パラリンピック後に予定される「プレ運行2次」より京成バスとの共同で運行を開始し、2022年度以降の本格運行時は全ての運行を東京BRTが担う予定だ。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • 1便あたりの利用者数は15%に満たず…大阪初のBRT、運行開始から3か月間の暫定実績 画像 1便あたりの利用者数は15%に満たず…大阪初のBRT、運行開始から3か月間の暫定実績
  • JR東日本のBRTがすべてハイブリッドまたはe-BRTに…9月上旬に新車5両を投入 画像 JR東日本のBRTがすべてハイブリッドまたはe-BRTに…9月上旬に新車5両を投入
  • 【東京モーターショー2019】会場と業界を「OPEN」に、未来のモビリティを感じる…主催者説明会 画像 【東京モーターショー2019】会場と業界を「OPEN」に、未来のモビリティを感じる…主催者説明会
  • ハンドルがない自律走行バスが対馬市の公道を走行 SBドライブなど実証実験へ 画像 ハンドルがない自律走行バスが対馬市の公道を走行 SBドライブなど実証実験へ

特集