スバル、レガシィ 新型と アウトバック 新型の米国生産を開始

新型レガシィ(北米仕様)
  • 新型レガシィ(北米仕様)
  • 新型アウトバック(北米仕様)

SUBARU(スバル)の米国生産拠点であるスバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ(SIA)は、現地時間7月29日、新型『レガシィ』(セダン)と新型『アウトバック』(クロスオーバーSUV)の生産を開始し、工場敷地内でラインオフ式を行った。

レガシィは1989年の発売以来30年、アウトバックは1995年の発売以来およそ四半世紀にわたり、スバルの北米市場での成長を支えてきた主力車種。今回それぞれ7代目、6代目となる両モデルは、車体剛性を最適化するSGP(スバル グローバル プラットフォーム)の採用で動的質感をさらに向上。安全運転を支援するドライバーモニタリングシステム(北米でのシステム名称は「ドライバーフォーカス」)を採用するなど、北米市場でのフラッグシップ車として進化を遂げている。

SIAで生産された両モデルは、米国、カナダで2019年秋から発売予定。1989年の生産開始以来、SIAでのスバル車累計生産は400万台を超え、レガシィ、アウトバックの累計生産はそれぞれ124万台、235万台となる。

日本でのレガシィのモデルチェンジについては、スバルによると「お話しできることがない」とのこと。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集