メルセデスベンツ、ブランドの垣根を超えてMaaS展開…「メルセデス・ミーID」を世界市場に導入へ

メルセデスベンツ、ブランドの垣根を超えてMaaS展開…「メルセデス・ミーID」を世界市場に導入へ
  • メルセデスベンツ、ブランドの垣根を超えてMaaS展開…「メルセデス・ミーID」を世界市場に導入へ
  • メルセデスベンツ、ブランドの垣根を超えてMaaS展開…「メルセデス・ミーID」を世界市場に導入へ

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は、顧客体験をさらに引き上げることを目指して、「ベスト・カスタマー・エクスペリエンス4.0」をグローバル市場で導入すると発表した。

メルセデスベンツは2013年から、「ベスト・カスタマー・エクスペリエンス」をグローバル市場で展開し、成果を上げてきた。「4.0」は、その進化バージョンとなる。

ベスト・カスタマー・エクスペリエンス4.0の中心に位置付けるのが、「メルセデス・ミーID」(Mercedes me ID)だ。このパーソナライズされたメルセデスベンツアカウントで、顧客は総合的な「メルセデス・ミー」のサービスに、全方位からアクセスできる。

2019年秋には、メルセデス・ミーに全く新しいアプリを導入する予定だ。新世代のメルセデス・ミーのアプリは、モビリティとコネクティビティサービスの全範囲をカバーするものになるという。

メルセデス・ミーIDを取得できるのは、メルセデスベンツ車の顧客だけではない。他のブランドの自動車を所有している顧客や、自動車を所有していないユーザーでも、メルセデス・ミーIDを取得できる。個々のプロファイルにより、顧客は「Mobility as a Service」セグメントを含むすべてのデジタルサービスにアクセスできる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集