三菱の新グローバルディーラーデザイン、全世界5000拠点に導入へ…米国第一号店を開業

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国法人、三菱モータースノースアメリカは7月16日、新グローバルディーラーデザインを導入した米国第一号店を開業した、と発表した。

米国第一号店は、テキサス州ルイスヴィルに開業した。「ビジュアルアイデンティティプログラム」と呼ばれる新グローバルディーラーデザインを導入している。

三菱自動車の新グローバルディーラーデザインでは、高品質の空間で、カスタマーエクスペリエンスを向上させることを狙う。ブランドの「Drive your Ambition」というメッセージと連携して、顧客を魅了するディーラーを目指す。

ディーラーの建物には、三菱自動車のブランドカラーを支えるブラック、グレー、レッドのアクセントが配される。新車の購入からサービス、下取りなど、顧客体験全体で高品質なコミュニケーションを実現するために、オープンでウェルカムな空間を演出する。

三菱自動車は、世界中のおよそ5000のディーラーに、新グローバルディーラーデザインを導入する計画だ。米国では、およそ70のディーラーが対象になる、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース