三菱 アウトランダーPHEV に2020年型、2019年9月に米国発売へ

三菱 アウトランダー PHEV(米国仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEV(米国仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEV(米国仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEV(米国仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEV(米国仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEV(米国仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEV(米国仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEV(米国仕様)

三菱自動車の米国部門は、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)の2020年モデルを、2019年9月に発売すると発表した。

アウトランダーPHEVの2020年モデルには、最新の先進運転支援システム(ADAS)を導入する。「SEL」グレードに、フォワード・コリジョン・ミティゲーション(FCM、衝突被害軽減ブレーキシステム)、レーン・ディパチャー・ウォーニング(LDW)、オートマチック・ハイビーム(AHB)を標準装備している。

また、2020年モデルでは、コネクティビティも充実させた。最新の8インチSDA(スマートフォンリンク・ディスプレイ・オーディオ)システムを、SELと「GT」グレードに搭載する。後席にもUSB充電ポートを追加し、合計3個としている。

アウトランダーPHEVは2019年モデルで、駆動用バッテリーとエンジンを新設計する大幅改良を実施した。モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち、ほぼ一新といえる約9割のコンポーネントを改良している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集