日産米国販売8.2%減の71万台、エクストレイル 兄弟車が最量販車に 2019年上半期

日産ローグ
  • 日産ローグ
  • 日産ヴァーサ・ノート
  • 日産パスファインダー
  • 日産 アルティマ 新型
  • 日産マキシマ
  • 日産 セントラ
  • 日産タイタン

日産自動車(Nissan)の米国法人、北米日産は7月2日、2019年上半期(1~6月)の米国新車販売の結果を発表した。総販売台数は71万7036台。前年同期比は8.2%減と、2年連続で前年実績を下回った。

全販売台数71万7036台のうち、乗用車は前年同期比10.2%減の31万0047台と減少傾向にある。SUVなどのライトトラックも、前年同期比6.6%減の40万6989台とマイナスに転じた。

日産ブランドの上半期実績は、65万3978台。前年同期比は7.7%減と、2年連続のマイナスとなった。乗用車系では、主力車種の『アルティマ』が10万8777台で、前年同期比は12.1%減と、2桁の落ち込み。『セントラ』は10万9899台を販売。前年同期比は5%減と後退した。『ヴァーサ』は4万8700台を売り上げ、前年同期比は6.6%増と回復した。最上級セダンの『マキシマ』は、前年同期比30.2%減の1万6795台と減少傾向にある。

ライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、小型SUVの『ローグ』(『エクストレイル』兄弟車)が17万5267台を販売し、最量販車の地位を維持した。ただし、前年同期比は18.6%減と、マイナスに転じた。中型SUVの『パスファインダー』は、7.7%増の3万6312台と回復。フルサイズピックアップトラックの『タイタン』は、22.6%減の1万8026台と、2年連続のマイナスとなった。

日産自動車の2018年の米国新車販売は、149万3877台。前年比は6.2%減とマイナスに転じている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ 86 に北米限定「箱根エディション」が登場…ターンパイクをイメージ 画像 トヨタ 86 に北米限定「箱根エディション」が登場…ターンパイクをイメージ
  • 米ホンダ、フィット EV の使用済みバッテリーを再利用へ…電力網に組み込む 画像 米ホンダ、フィット EV の使用済みバッテリーを再利用へ…電力網に組み込む
  • マツダとトヨタの米新工場、生産ラインは「アポロ」「ディスカバリー」と命名…2021年稼働へ 画像 マツダとトヨタの米新工場、生産ラインは「アポロ」「ディスカバリー」と命名…2021年稼働へ

特集

おすすめのニュース