スバル米国販売が新記録、5.2%増の33万台超え 2019年上半期

スバル・フォレスター新型(米国仕様)
  • スバル・フォレスター新型(米国仕様)
  • スバル・アウトバック(米国仕様)
  • スバル・アセント
  • スバル・クロストレック(XV)の2019年モデル
  • スバル・インプレッサ
  • スバル・レガシィ(レガシィB4)の2019年モデル
  • スバルWRX STI

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは7月2日、2019年上半期(1~6月)の新車販売の結果を発表した。総販売台数は、上半期の新記録の33万9525台。前年同期比は5.2%増だった。

牽引役を果たしたのは、『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)。上半期実績は、新記録の9万3711台で、前年同期比は3%増。セダン版の『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)は1万7426台。前年同期比は18.6%減と、引き続き落ち込む。

SUVの『フォレスター』は、8万6219台を販売。新型効果で、前年同期比は8.8%増と2年ぶりに前年実績を上回った。『クロストレック』(日本名:『XV』)は、5万8459台を販売。前年同期比は21.5%減と、マイナスに転じた。3列シートSUVの『アセント』は4万0108台と好調だ。

また、『WRX』シリーズは上半期、『WRX STI』を含めて、1万2374台を販売。前年同期比は17.7%減と2年連続のマイナスだ。『インプレッサ』(「WRX」を除く)は、2万9688台を販売。前年同期比は21.5%減と減少傾向にある。

スバルの2018年米国新車販売台数は、過去最高の68万0135台。前年比は5%増と、10年連続で前年実績を上回っている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集