スズキのインド販売18%減、スーパーキャリイ は35%増 2019年4~6月

スズキ・スーパーキャリイ 新型(インド仕様車)
  • スズキ・スーパーキャリイ 新型(インド仕様車)
  • スズキ・バレーノ 改良新型
  • スズキ・ディザイア
  • スズキ・ビターラ・ブレッツァ
  • 改良新型スズキ Sクロス(日本名:SX4 Sクロス)
  • スズキ・セレリオ
  • マルチスズキ・アルトK10
  • スズキ・シアズ

スズキのインド部門、マルチスズキ(Maruti Suzuki)は7月1日、2019年4~6月のインド新車販売の結果を発表した。輸出を含めた総販売台数は40万2594台。前年同期比は17.9%減とマイナスに転じた。

40万2594台の販売台数の内訳は、インド国内が37万4481台。前年同期比は19.3%減と後退した。一方、輸出は2万8113台で、前年同期比は5.5%増と、引き続き前年実績を上回る。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『セレリオ』『スイフト』『ディザイア』『バレーノ』『イグニス』『シアズ』などが、合計で27万1774台を販売。前年同期比は22%減と落ち込んだ。

バンセグメントでは、『オムニ』『イーコ』が3万2659台を販売。前年同期比は27.1%減と後退した。SUVやMPVなどのユーティリティビークルセグメントでは、『エルティガ』や『Sクロス』、『ヴィターラ・ブレッツァ』を含めて、セグメント合計で5万8984台を販売。前年同期比は10.3%減と、マイナスに転じた。

軽商用車では、『スーパーキャリイ』が6568台を売り上げ、前年同期比は34.8%増と大幅に増加している。

マルチスズキの2018年度のインド新車販売は、輸出を含めた総販売台数が過去最高の186万2449台。前年比は4.7%増と、5年連続で前年実績を上回っている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • スズキがトヨタに初のOEM供給、バレーノ ベースのトヨタ車をインドで発表 画像 スズキがトヨタに初のOEM供給、バレーノ ベースのトヨタ車をインドで発表
  • ホンダ、世界初のタンブル流強化技術をインド向け新型スクーターに搭載 燃費10%向上 画像 ホンダ、世界初のタンブル流強化技術をインド向け新型スクーターに搭載 燃費10%向上
  • スズキ スイフト のセダン『ディザイア』、インド最量販セダンに…過去10年以上 画像 スズキ スイフト のセダン『ディザイア』、インド最量販セダンに…過去10年以上
  • 世界の渋滞都市ランキング…1位はインドのムンバイ、東京は? トムトム 画像 世界の渋滞都市ランキング…1位はインドのムンバイ、東京は? トムトム

特集