メルセデスを未来へと導いたイタリア人

『カーセンサーエッジ』8月号
発行:リクルート
定価:514円(本体価格476円+税)

往年のメルセデスベンツに再び脚光が集まっているという。『カーセンサーエッジ』によると、一生を付き合えるメルセデスというのは、80s~90sが最後だそうだ。そして個体数が激減しつつあり、これら「名車」を体感するなら今が最後だという。

『カーセンサーエッジ』ではこの時期を「メルセデス黄金時代」と呼ぶ。そしてその時代を築いたのが、当時デザイン部長を務めていたブルーノ・サッコであるとする。“サッコプレート”というパーツを見聞きした人がいるかもしれない。そのサッコだ。デザインファン、メルセデスファンにはうれしい特集。ブルーノ・サッコブルーノ・サッコ

気になる見出し……●80s-90sメルセデスに乗る●テリー伊藤の実車見聞録●EDGE 2nd LINE '17 PEUGEOT 508 GT BlueHDi●EDGE HOUSE “試住体験”ができる賃貸ガレージハウス●Girls' day out●中古車相場威力偵察隊●エッジ的カーステ百年史『カーセンサーエッジ』8月号『カーセンサーエッジ』8月号

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介させていただきます。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース