リクルート グループに関するニュースまとめ一覧

フランス車の「アシ」で沼にはまる、引きずり込まれる… 画像
モータースポーツ/エンタメ

フランス車の「アシ」で沼にはまる、引きずり込まれる…

フランス車はアシである! これが『カーセンサーエッジ』7月号の特集だ。ただし“足代わりになる車”の意味ではない。フランス車には他国の生まれの輸入車にはない魅力がある、と『カーセンサーエッジ』編集部はいう。最大の特徴が「アシ」だ。

全国のトラックドライバー求人情報を一括検索、リクルートと全ト協がスキーム構築へ 画像
自動車 ビジネス

全国のトラックドライバー求人情報を一括検索、リクルートと全ト協がスキーム構築へ

リクルートと全日本トラック協会(全ト協)は6月15日、「Airワーク採用管理」を活用し、トラック業界初となる全国の求人情報を一気に検索できるスキームを構築すると発表した。

アストンマーティンの「美さ」が手に入るなら多少のネガは構わないのだ 画像
モータースポーツ/エンタメ

アストンマーティンの「美さ」が手に入るなら多少のネガは構わないのだ

クルマを選ぶ際にデザインストール・レビューやブランドイメージに重きを置く人がいる、と『カーセンサーエッジ』はいう。アストンマーティンはその「美しさ」で選ばれている。ネガティブがあっても美のチカラで購入に踏み切るブランド、それがアストンマーティンなのだ。

ジムニー2代目とZ4初代を同時に所有する人、したい人 画像
自動車 ビジネス

ジムニー2代目とZ4初代を同時に所有する人、したい人

1台でいろいろ使えるクルマが増えている時代に、何台も所有している人はどんなカーライフを送っているのだろうか。『カーセンサー』5月号がレポートしている。

BMWエンジンを「電気モーター」に例えることはできなくなる 画像
モータースポーツ/エンタメ

BMWエンジンを「電気モーター」に例えることはできなくなる

前月号は「毒」で、5月は「症候群」だ。シルキーシックス症候群。BMWを買うなら知っておきたいキーワードが「シルキーシックス」であり、直6エンジンを知らずしてBMWの素晴らしさは味わいきれていない、と『カーセンサーエッジ』は断言する。

総額80万円で輸入車を狙う…春なのでデビューしよう 画像
モータースポーツ/エンタメ

総額80万円で輸入車を狙う…春なのでデビューしよう

「輸入車って高そうだし、トラブルも多いんでしょ?」「上手に選べば、お得に買えてフツーに乗れるんです」---と、『カーセンサー』4月号では「輸入車デビューにオススメの中古車」を特集している。

アバルトの毒…手袋、マスク、ゴーグル、白衣着用で読まないと 画像
モータースポーツ/エンタメ

アバルトの毒…手袋、マスク、ゴーグル、白衣着用で読まないと

『カーセンサーエッジ』4月号によると、アバルトに乗るとポワ~ンと気持ちよくなり、脳みそが痺れ、アドレナリンとドーパミンが出て、口元が緩んでくる。しかも常習性があるという。

『頭文字D』作中車に乗る、今なら買える---24選 画像
モータースポーツ/エンタメ

『頭文字D』作中車に乗る、今なら買える---24選

多くのスポーツカー好きにとってバイブルとなった漫画『頭文字D』。そんなファンたちに『カーセンサー』編集者は問いかける。読むだけで良いのか、と。憧れのあのマシンで『頭文字D』を体感しよう。今ならまだ買える。買えるうちに最速で手に入れよう。

フェラーリ中古車市場が高騰中…買って後悔する人は? 画像
自動車 ビジネス

フェラーリ中古車市場が高騰中…買って後悔する人は?

『カーセンサーエッジ』2022年2月号の特集は「フェラーリ狂騒曲」。フェラーリの中古車市場が高騰し続けているそうだ。5年で倍以上の価格がつくことは当たり前で、3倍、4倍というモデルもあるという。

最新モデルが中古車市場で流通を増やしたのはなぜか…ガソリン価格高騰 画像
自動車 ビジネス

最新モデルが中古車市場で流通を増やしたのはなぜか…ガソリン価格高騰

業界最大級の中古車情報数を持つカーセンサーのビッグデータから、「ユーザーからの注目度が高かった中古車」=カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤーが決定した。ランキング上位から見えたトレンドが「最新モデルの中古買い」だという。

中古車人気トップは新型『ハリアー』…半導体不足で「新型の中古買い」がスタンダードに 2021年 画像
自動車 ビジネス

中古車人気トップは新型『ハリアー』…半導体不足で「新型の中古買い」がスタンダードに 2021年

カーセンサーは、この1年でユーザーが注目した中古車をランキングした「カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2021」を発表。8回目となる今年の第1位はトヨタ『ハリアー(2020年発売モデル)』となった。

15の「シン」でランボルギーニワールドに浸る 画像
モータースポーツ/エンタメ

15の「シン」でランボルギーニワールドに浸る

『カーセンサーエッジ』2022年1月号の特集は「シン・ランボルギーニ」。ランボルギーニとは何か。一文字で簡単に表すことができるという……。半世紀前に登場した『カウンタック』は、イタリア北部の方言で“ぶったまげた”という車名のスーパーカーだった。

燃費の良さでHVの価格差を埋めるのはむずかしい、とお考えなら 画像
モータースポーツ/エンタメ

燃費の良さでHVの価格差を埋めるのはむずかしい、とお考えなら

『カーセンサー』2022年1月号では、ハイブリッドカー(HV)は中古車で買うのが賢い買い方だという。HVはガソリン車より車両価格が高い。差額を燃費で取り戻すためにはかなり長く走らないといけないからだ。でもその懸念は車両が安くなればなくなる。

2021年の国内中古車市場規模、7年間で最大の4兆1699億円 カーセンサー予測 画像
自動車 ビジネス

2021年の国内中古車市場規模、7年間で最大の4兆1699億円 カーセンサー予測

カーセンサーは、過去1年間に中古車購入を検討した人を対象とした「カーセンサー中古車購入実態調査2021」を実施。2021年の費用総額(中古車市場規模)を前年比21.3%増の4兆1699億円と推計した。

丸目のクルマ特集---超ハイセンスなんですって 画像
モータースポーツ/エンタメ

丸目のクルマ特集---超ハイセンスなんですって

『カーセンサー』編集部によると、ヘッドライトが丸い形の車が流行っているらしい。12月号では「イケてる丸目のクルマだけ、まとめて見たーい!」という声に答えて、今買える「丸目CAR」を集めて特集している。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 29