リクルート グループに関するニュースまとめ一覧(2 ページ目)

在宅勤務からフィアット パンダ 中古、2万km・90万円を買いたくなった話 画像
モータースポーツ/エンタメ

在宅勤務からフィアット パンダ 中古、2万km・90万円を買いたくなった話

「買うなら今しかねぇ」は「イチガイに“妄想”とも言い切れないベストな購入タイミングのススメ」という、軽い文章なのだが、ちょっと面白い。在宅勤務でフードデリバリーを頼む機会が増え……。

コロナ禍でも売れている車がある…フェラーリをどう買うか、どれを選ぶか 画像
自動車 ビジネス

コロナ禍でも売れている車がある…フェラーリをどう買うか、どれを選ぶか

中古フェラーリを取り巻く環境は、今のこんな時代でも変わらないようだ。値段はやや下がり気味だが、人気車・人気色の動きは早いという。『カーセンサーエッジ』11月号では、2020年にはフェラーリをどう買うべきか、何に乗るべきかを考察する。

クルマ好きがあこがれるクルマ、買うなら今---説得力ある資料 画像
自動車 ビジネス

クルマ好きがあこがれるクルマ、買うなら今---説得力ある資料

「いつかは乗りたい!」という名車がある。そういった“名車”は世界中のクルマ好きが狙っており、「これまでも人気だったし、これからも人気だ」と、『カーセンサー』11月号が現実を見せる。

「人生一度は911」と言われても困る、悩む 画像
モータースポーツ/エンタメ

「人生一度は911」と言われても困る、悩む

ポルシェ『911』はマニアを悩ませ、喜ばせる話題に事欠かない。「今では不利とされるRRレイアウトを初代から継承しつつ、登場から最新モデルまでの8世代すべての911が、どの年代でも圧倒的な支持を集める。自動車の歴史の中でも希有な存在」だ。

サブスク? シェア? 中古車購入?…支払いを3パターンに整理するとわかりやすい 画像
モータースポーツ/エンタメ

サブスク? シェア? 中古車購入?…支払いを3パターンに整理するとわかりやすい

そのクルマ、いくらで買いましたか? という問いに対する答えは「中古車を200万円で」「月々4万円を4年間」「1日1万円でレンタル」……。同じクルマに乗っているように見えても、実は「買ったもの」が違うのだ。

スライドドアは便利だが、人気のSUVにはついてない---100万円以下で軽を買う 画像
モータースポーツ/エンタメ

スライドドアは便利だが、人気のSUVにはついてない---100万円以下で軽を買う

軽ってこんなに高かったっけ? そんな違和感を抱きながらちょっと無理して軽自動車を買おうとしている人向けの企画が、『カーセンサー』9月号の特集だ。人気モデルに負けないポテンシャルを持ちながら、100万円以下で手に入る、安くて良い軽・厳選20車種。

「エンジンを廻すのに何も役立たないからね」BMWのエンジンキング 画像
モータースポーツ/エンタメ

「エンジンを廻すのに何も役立たないからね」BMWのエンジンキング

人々の記憶に残る名車を数多く生み出したBMW。エンジニアリング、レース、デザイン……と、いくつもの顔があるこのブランドの魅力に、『カーセンサーエッジ』8月号が迫る。BMWの入門書にして充実したガイドブックとなっている。

それ、本当に買うの? いや、クルマは買うまでが楽しいのだ 画像
モータースポーツ/エンタメ

それ、本当に買うの? いや、クルマは買うまでが楽しいのだ

運命の1台を探そう、と『カーセンサー』が呼びかける。生粋のカーマニアや業界のプロたちが選ぶ「お気に入り」物件は気になるのではないか? 8月号では、自動車を愛するあんな人、こんな人のお気に入りを紹介している。

中古車購入費用は過去最高の3兆7498億円、平均単価が上昇…カーセンサー調べ 画像
自動車 ビジネス

中古車購入費用は過去最高の3兆7498億円、平均単価が上昇…カーセンサー調べ

カーセンサーは、過去1年間に中古車の購入を検討した人に対して「カーセンサー中古車購入実態調査2019」を実施、中古車購入費用は前年比9.0%増の3兆7498億円となり、過去最高を記録した。

スポーツSUVを育てたのはドイツだ!!…スポーツが重なってます 画像
モータースポーツ/エンタメ

スポーツSUVを育てたのはドイツだ!!…スポーツが重なってます

『カーセンサーエッジ』編集部によると、今に至るスポーツSUVの世界的なブームは20年前、BMW『X5』初代から始まったという。多様化するこのカテゴリーの中でも、ブランド同士の競争が激しいのが「German SUV」だ。

スポーツカーを見ているだけで満足か!? …本当は好きな「車離れ」層 画像
モータースポーツ/エンタメ

スポーツカーを見ているだけで満足か!? …本当は好きな「車離れ」層

『カーセンサー』6月号はスポーツカー特集、「見ているだけで満足か!? さあ、スポーツカーしようぜ!」と読者に迫ってくる。『カーセンサー』編集部によると、エコブーム時代に比べれると、昨今のほうがスポーツカーが人々の身近な存在となっているそうだ。

好事家のための最新ガレージ事情…キーワードは“建築家” 画像
モータースポーツ/エンタメ

好事家のための最新ガレージ事情…キーワードは“建築家”

『カーセンサーエッジ』6月号の特集は「至極のガレージ大全2020」、 好事家のための最新ガレージ事情を公開している。キーワードは“建築家”だという。「ガレージハウスづくりに長けた建築家やアーキテクト自らが自邸として設計した……

AMGやクアドフォリオにRS、“最高峰バッジ”を身に着けたクルマに乗る 画像
モータースポーツ/エンタメ

AMGやクアドフォリオにRS、“最高峰バッジ”を身に着けたクルマに乗る

『カーセンサーエッジ』5月号 発行:リクルート 定価: 524円(本体価格476円+税)

ブーム再び、20年前のクルマがおしゃれに見えてくる 画像
モータースポーツ/エンタメ

ブーム再び、20年前のクルマがおしゃれに見えてくる

ファッションや音楽などのトレンドは20年周期で繰り返されるという説を聞いたことはないだろうか。その風潮はクルマにもあるらしい。どうやら20年ほど前のクルマに「今乗りたい!」という人が増えているそうだ。

垂涎の一品、“役付き”ポルシェこそクルマ乗りのゴール 画像
モータースポーツ/エンタメ

垂涎の一品、“役付き”ポルシェこそクルマ乗りのゴール

『911』や『718 』など、皆が憧れ、街を流せば人の視線を奪うポルシェ。ブランドの世界に触れること以上に、愛好家の間で“役付き”と呼称されるポルシェのスペシャルモデルは垂涎。4月号では、畏怖すら感じるトンガリモデルをフィーチャーする。

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 2 of 28