アウディ A3、バックランプ不具合で保安基準に適合せず 3000台をリコール

アウディA3セダン
  • アウディA3セダン
  • 改善箇所

アウディジャパンは6月26日、『A3セダン』および『A3スポーツバック(1.4)』のバックランプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年10月29日~2018年5月30日に輸入された3054台。

オンボードサプライコントロールユニットのプログラムが不適切なため、エンジン始動直後にギアをバックにシフトした場合、数秒の間、バックランプが点灯しない。そのため、保安基準第40条(後退灯の基準)に適合しない。

改善措置として、全車両、オンボードサプライコントロールユニットのプログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、アクア など6車種1万9000台をリコール ハイブリッドシステム停止のおそれ 画像 トヨタ、アクア など6車種1万9000台をリコール ハイブリッドシステム停止のおそれ
  • トヨタ、シエンタ ハイブリッド 13万7000台をリコール エンジン破損のおそれ 画像 トヨタ、シエンタ ハイブリッド 13万7000台をリコール エンジン破損のおそれ
  • ホンダ、N-BOXスラッシュ 4万3000台をリコール 駐車ブレーキが解除できなくなるおそれ 画像 ホンダ、N-BOXスラッシュ 4万3000台をリコール 駐車ブレーキが解除できなくなるおそれ

特集

おすすめのニュース