ブリヂストン、GMのサプライヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞 4年連続17度目

左からJim Danahy氏(GM社)、Tom McMillen氏(GM社)、Brent Morgulec氏(BATO)、Fred Cusimano氏(BATO)、Greg Warden氏(GM社)
  • 左からJim Danahy氏(GM社)、Tom McMillen氏(GM社)、Brent Morgulec氏(BATO)、Fred Cusimano氏(BATO)、Greg Warden氏(GM社)

ブリヂストンおよびブリヂストングループは、ゼネラルモーターズ(GM社)の「27th annual Supplier of the Year awards」にて、2018年度のサプライヤー・オブ・ザ・イヤーとして表彰されたと発表した。

今回の受賞はブリヂストングループとしては4年連続17度目の受賞となる。5月16日に米国ミシガン州デトロイトで開催された公式セレモニーでは、同社米国グループ会社であるブリヂストン アメリカス タイヤ オペレーションズ・エルエルシー(BATO)のFred Cusimano氏とBrent Morgulec氏が同社グループを代表して表彰を受けた。

今回のサプライヤー・オブ・ザ・イヤーでは、GM社の購買部門、技術部門、品質部門、製造部門、物流部門の幹部が選考を実施。その結果、GM社の期待を上回る継続的な貢献、優れた価値の提供、新たなイノベーションをもたらした世界15か国133社のサプライヤーが受賞している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集