BMW 8シリーズ 新型、直6エンジンを新設定…340馬力

BMW 8シリーズ カブリオレ 新型
  • BMW 8シリーズ カブリオレ 新型
  • BMW 8シリーズ クーペ 新型
  • BMW 8シリーズクーペ 新型
  • BMW 8シリーズクーペ 新型
  • BMW8シリーズクーペ 新型
  • BMW 8シリーズクーペ 新型
  • BMW 8シリーズクーペ 新型
  • BMW 8シリーズクーペ 新型

BMWは5月17日、新型『8シリーズ クーペ』(BMW 8 Series Coupe)と『8シリーズ カブリオレ』(BMW 8 Series Cabriolet)に直列6気筒ガソリンエンジン搭載車を設定し、欧州で7月に発売すると発表した。

新型8シリーズ クーペと8シリーズ カブリオレは従来、ガソリンエンジンに関しては、V型8気筒のみが用意されてきた。今回、欧州で直列6気筒エンジン搭載車を追加し、ラインナップを拡大する。

直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンを搭載するのは、「840i」グレードだ。Mパフォーマンスの手によって、高回転化やさらなるスムーズさを求めて、チューニングが施された。その結果、最大出力は340hpを獲得する。駆動方式は、FR(後輪駆動)と4WDの「xDrive」が選択できる。

また、新型8シリーズ クーペと8シリーズ カブリオレの全モデルに、「Mスポーツシート」をオプション設定する。このシートは、3Dキルティング、穴のあいた中央部分、オーダーメイドのステッチが特徴だ。BMW Mカラーのアクセントストリップ付きシートベルトも装備される。

さらに、新型8シリーズ クーペと8シリーズ カブリオレの全モデルに、2019年7月から「BMWインディビジュアル」のフルレザーが用意される。フルレザーは、8色のバリエーション。ブラックアッシュシルバーとカーボンファイバー仕様のウッドインテリアトリムも選択できる。BMWインディビジュアルのフローズンブルーストーンメタリックのボディカラーも設定されている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集