ZF、自動運転の開発を促進---乗員認識システム技術企業を買収へ

ZFの自動運転車向け乗員認識システムのイメージ
  • ZFの自動運転車向け乗員認識システムのイメージ
  • 自動運転技術を手がけるシミ・リアリティ・モーション・システムズ(Simi Reality Motion Systems)社の公式サイト

ZFは5月13日、自動運転技術を手がけるシミ・リアリティ・モーション・システムズ(Simi Reality Motion Systems)社を買収すると発表した。

シミ・リアリティ・モーション・システムズ社は1992年、ドイツ・ミュンヘン近郊に設立された。人間の動きを記録し、分析するための画像ベース3Dシステムに関して、豊富なノウハウを持つ。ZFによると、同社のノウハウは乗員認識システムの開発において重要であり、乗員認識システムは、自動運転車における安全の基本要素になるという。

高度な自動運転車では、ドライバーは運転操作を車両に任せ、走行中、運転操作以外のことを車内で行えるようになる。しかし緊急時には、ドライバーが運転操作に戻れるようにしておくことが求められる。そのために必要なのが、乗員の体格や位置を認識する乗員認識システムだ。

ZFは、シミ・リアリティ・モーション・システムズ社の株式の90%を取得し、買収する計画。ZFは、シミ・リアリティ・モーション・システムズ社への出資が、シートベルト、エアバッグ、ステアリングホイールなどの乗員安全システムに関するZFの能力を拡大する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集