グーグルアシスタント、ドライブ中は「ハンズフリー」…2019年夏から利用可能

グーグルアシスタントのドライビングモード
  • グーグルアシスタントのドライビングモード
  • グーグルアシスタントのドライビングモード
  • グーグルアシスタントのドライビングモード

グーグル(Google)は5月7日、米国で開幕した開発者カンファレンス「Google I/O 2019」において、「グーグルアシスタント」(Google Assistant)に新機能として、ドライビングモードを採用すると発表した。

この新機能を利用すれば、ドライバーは運転中でも、Androidスマートフォンに搭載されているグーグルアシスタントを、ハンズフリーで操作することが可能になる。

ドライビングモードでは、ドライバーが運転中に必要な操作を音声で行える。例えば、ナビゲーション、メール、通話、オーディオなど。システムを起動するには、スマートフォンに向かって、「Hey Google, let’s drive」と呼びかければいい。

なおドライビングモードは、グーグルアシスタントを搭載したAndroidスマートフォンで、2019年夏から利用できるようになる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集