三菱 パジェロスポーツ 新型、全天候型オフロード仕様を提案

新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)のSVPコンセプト
  • 新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)のSVPコンセプト
  • 新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)のSVPコンセプト
  • 新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)のSVPコンセプト
  • 新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)のSVPコンセプト
  • 新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)のSVPコンセプト
  • 新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)のSVPコンセプト
  • 新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)のSVPコンセプト

三菱自動車の欧州部門は、英国で開催された「バーミンガム商用車ショー2019」において、新型『ショーグンスポーツ』(グローバル名:新型『パジェロスポーツ』)の「SVPコンセプト」(Mitsubishi Shogun Sport SVP Concept)を初公開した。

初代パジェロスポーツは、1996年に誕生。日本市場では、『チャレンジャー』として販売された。2世代目となるパジェロスポーツは、2008年に発表。新型パジェロスポーツは3世代目モデルとなる。

新型パジェロスポーツは、タイ、オーストラリア、ASEAN、中東、アフリカ、中南米、ロシアなど、世界およそ90か国で販売されるグローバルモデル。新型は、「スタイリッシュで快適なオフロードSUV」をテーマに開発。『パジェロ』ブランドを継承した本格オフロードSUVでありながら、洗練された上質なデザイン、上質な走りと快適な居住空間、クラストップレベルの環境性能、先進の予防安全装備などを持ち合せた新世代のミッドサイズSUVとした。

バーミンガム商用車ショー2019では、この新型ショーグンスポーツのSVPコンセプトが初公開された。全天候型のオフロード仕様をテーマに、LEDライトバーとラリースタイルのPIAAドライビングランプを装備する。サスペンションは、コニなどと共同開発。オーバーフェンダーが装着され、BFグッドリッチ製のワイドなオールテレーンタイヤを収める。

エンジンは、パジェロスポーツ初の2.4リットル直列4気筒「MIVEC」ターボディーゼル。最大出力181hp、最大トルク43.8kgmを引き出す。トランスミッションは8速ATを組み合わせる。4WDシステムは「スーパーセレクト4WD-2」を搭載し、路面状況に応じて走破性と安定性を高めるオフロードモード制御や、ヒルディセントコントロールを採用している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集