トライアンフ ロケット3 TFC、世界限定750台を発売…2019年冬、325万円

トライアンフ ロケット3 TFC
  • トライアンフ ロケット3 TFC
  • トライアンフ スラクストン TFC(左)とロケット3 TFC(右)
  • トライアンフ ロケット3 TFC
  • トライアンフ ロケット3 TFC
  • トライアンフ ロケット3 TFC
  • トライアンフ ロケット3 TFC
  • トライアンフ ロケット3 TFC
  • トライアンフ ロケット3 TFC

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、最新型ファクトリーカスタムモデル、新型『ロケット3 TFC』の詳細を発表した。世界限定750台で、価格は325万円。発売は2019年冬頃の予定。

従来の『ロケット3』は、量産二輪車としては世界最大排気量となる2294ccの水冷3気筒エンジンを搭載し、2004年にデビュー。新型ロケット3 TFCはその進化型であり、トライアンフ自らカスタムを手がけた限定モデルとなる。その排気量は2500cc(2458cc)に拡大され、最高出力170ps以上、最大トルク221Nm以上を発揮。トライアンフ史上最もパワフルなモデルとなる。

外観には、ツインLEDヘッドライトを含むオールLEDライト、片持ち式スイングアーム、レザー製で交換可能なシングル/ツインシートのセット、カーボンファイバー製パーツ等を採用。また、第2世代のTFTディスプレイ、コーナリングABSおよびトラクションコントロール、4つのライディングモード、トライアンフシフトアシスト、ブレンボ製Stylemaモノブロックブレーキ、ショーワ製アジャスタブルサスペンションなどを装備。さらに、電子制御式クルーズコントロール、キーレスイグニッション、タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)およびUSB充電ソケットが標準装備となる。

一方で、アルミ製フレームやアルミニウム製片持ち式スイングアーム、エンジン部品の改良等により、車重は従来のロケット3から15%以上、40kg以上軽量化される(数値は現時点で未発表)。シート高は773mmだ。

ロケット3 TFCは、世界750台限定生産となり、各車両にはシリアルナンバー入りのバッジが備わる。また、オーナーには、トライアンフのニック・ブロアCEOによるサイン入りシリアルナンバーレター、個別のカスタムビルドブック、TFCのブランドロゴ入りレザー製リュック、ロケット 3 TFC屋内用バイクカバーが付属する各車両固有のTFCハンドオーバーパックが提供される。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集