トヨタ、自動運転ライドシェア車両の開発を加速…ウーバーの自動運転開発部門に出資

デンソー、ウーバー、トヨタ、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの各首脳
  • デンソー、ウーバー、トヨタ、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの各首脳
  • デンソー、トヨタ、ウーバー、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの各首脳
  • トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4。レクサスLSベース(参考画像)

トヨタ自動車(Toyota)は4月18日、デンソー、ソフトバンク・ビジョン・ファンドと共同で、ウーバーの自動運転開発部門のウーバー・アドバンスド・テクノロジー・グループに総額10億ドルを出資すると発表した。

今回の出資は、自動運転ライドシェア車両の開発と実用化を加速するのが目的だ。トヨタは2018年8月、ウーバーに5億ドルを出資。「トヨタ・ガーディアン」と呼ばれる高度安全運転支援システムとウーバーの自動運転システムを連携させた自動運転ライドシェア車両を、2021年にウーバーのライドシェアネットワークに導入することに合意し、共同開発を進めてきた。

今回のさらなる投資と協業の拡大を受け、自動運転ライドシェア車両の開発を継続するとともに、次世代自動運転キットの設計と開発を共同で行う。そして、本格的な自動運転ライドシェアサービス車両の量産化とサービス実用化にメドをつけることを目指す。

またトヨタは、この共同開発を推進するため、出資に加えて、今後3年間で最大3億ドルの開発費を負担する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集