日本電産、オムロンのECU子会社を1000億円で買収 EV向けモーターやADAS事業を拡大

日本電産がオムロンオートモーティブエレクトロニクスを買収後に提供する価値
  • 日本電産がオムロンオートモーティブエレクトロニクスを買収後に提供する価値
  • 日本電産
  • 日本電産とオムロンオートモーティブエレクトロニクスの拠点

日本電産は4月16日、オムロンの100%出資子会社で、自動車向け車載電装部品を手がけるオムロンオートモーティブエレクトロニクスを買収することで合意したと発表した。

日本電産はオムロンオートモーティブエレクトロニクスの全株式を取得する。取得価格はは1000億円の予定で、2019年10月ごろに実行する。

日本電産は、電気自動車(EV)向けなどの車載モータ事業を主要戦略事業に位置づけている。自動車向け制御機器やシステム、電子部品に強いオムロンの子会社を買収することで、EVの駆動用モータなどに制御ECUを組み合わせたモジュール製品の供給体制を強化する。

また、日本電産がホンダから買収した日本電産エレシスは、電波レーダー、カメラ関係に強く、オムロン子会社はレーザーレーダー、ドライブモニターシステムに強みを持つなど、先進運転支援システム(ADAS)領域で両社は補完関係にあり、今後、両社の製品を融合することで、自動運転向け製品群がほぼ揃う。日本電産グループの中で両社が協力し、自動運転技術をサポートする多様なセンサー製品群を提供していく。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集