スズキ セレリオ、年間販売が初の10万台超え…インド主力車に成長

スズキ・セレリオ
  • スズキ・セレリオ

スズキのインド部門、マルチスズキは4月12日、『セレリオ』(Suzuki Celerio)の年間販売台数が初めて10万台を突破した、と発表した。

セレリオは2014年2月、インドで開催されたデリーモーターショー2014でワールドプレミアされた。Aセグメントに属するスズキのグローバルコンパクトカーが、セレリオだ。

セレリオは、Aセグメント車に対する顧客のさまざまなニーズに応えるパッケージングを追求。Aセグメント車の枠を超えた「A+コンパクト」として、スズキが提案する新しい小型車だ。コンパクトカーならではの扱いやすさはそのままに、Aセグメント車に対する期待を超える広い室内空間や、クラストップの254リットル(VDA計測法)の荷室容量を備える。

このセレリオのインド年間販売台数が、初めて10万台を突破した、セレリオの2018年度(2018年4月~2019年3月)のインド販売台数は、10万3734台。前年度比はほぼ10%伸びており、スズキのインド主力車に成長した。

マルチスズキは、オートギアシフトやCNG車の設定などが、セレリオの販売を押し上げた、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集