日野 レンジャー 改良新型発売へ、進化版ドライバーモニターなど装備

日野レンジャー改良新型
  • 日野レンジャー改良新型

日野自動車は、中型トラック『日野レンジャー』を改良、安全性と利便性を向上させ、5月6日に発売する。

今回の改良では、進化した「ドライバーモニターII」を標準装備した。モニターカメラの精度を向上させるとともに、カメラの設置位置をインパネ内からより顔を認識しやすいピラーに変更。ドライバーの顔向き・眼の開閉状態に加えて、運転姿勢崩れも認識可能となった。また、サングラスやマスク装着時の検知能力も向上し、前方不注意を検知すると警報で知らせる。

また夜間の運転視界支援として、ヘッドランプのハイビーム・ロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」および「オートヘッドランプ」を標準搭載し、「可変配光型LEDヘッドランプ」もエアサス車にオプション設定する。

さらに、ハンズフリー機能付Bluetooth搭載オーディオを標準装備し、ステアリングを握ったまま操作できる等、利便性も向上させた。

価格は標準幅、標準ルーフ・ベッドレス、リーフサス、平ボデー完成車、A05C<A5-V>240psエンジン、6MT、8トンクラスが850万2840円など。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 日産、ピックアップトラック新型『ナバラ』を南アフリカで生産へ 240億円を投資 画像 日産、ピックアップトラック新型『ナバラ』を南アフリカで生産へ 240億円を投資
  • 経営状況好転もドライバー不足が深刻、2018年度普通トラック市場動向調査 画像 経営状況好転もドライバー不足が深刻、2018年度普通トラック市場動向調査
  • 5割以上が先進運転技術に期待、2018年度小型・軽トラック市場動向調査 画像 5割以上が先進運転技術に期待、2018年度小型・軽トラック市場動向調査
  • トラックカーナビ、複数ドライバー間での共有機能を拡充…地点情報にも対応 画像 トラックカーナビ、複数ドライバー間での共有機能を拡充…地点情報にも対応

特集