メルセデスベンツ、電動化戦略を加速…バッテリー新工場を起工

メルセデスベンツの次世代電動車向けバッテリー新工場起工式
  • メルセデスベンツの次世代電動車向けバッテリー新工場起工式
  • メルセデスベンツの次世代電動車向けバッテリー新工場起工式
  • メルセデスベンツの次世代電動車向けバッテリー新工場の完成予想図

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は4月5日、次世代電動車向けのバッテリーを生産する新工場をドイツで起工した、と発表した。

メルセデスベンツは2022年までに、全車種にEVやプラグインハイブリッド車(PHV)などの電動パワートレイン車を設定する計画だ。これには、48Vのマイルドハイブリッドシステム、「EQ」ブランドのEVなどが含まれており、合計で130車種の電動車をラインナップしていく。

メルセデスベンツを擁するダイムラーは、「CASE」(コネクテッドカー、自動運転、シェアリング、電動化)を経営戦略の柱に掲げている。ダイムラーは電動化戦略を加速し、2025年までに電動車のグローバル販売台数が全体の15~25%に増加すると見込む。

この戦略に沿う形で、メルセデスベンツは次世代電動車向けのバッテリーを生産する新工場を、ドイツ・シュツットガルトのウンターテュルクハイムで起工した。ウンターテュルクハイム工場は、115年以上の歴史を持つダイムラーの最初の工場。エンジンをはじめ、ハイブリッドパワートレインや燃料電池システムも生産している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集