小田急とヴァル、MaaSサービスのデータ基盤を共同開発へ…2019年末までに実証実験

小田急バス
  • 小田急バス
  • 小田急高速バス
  • 小田急ロマンスカー
  • 小田急箱根芦ノ湖海賊船
  • 新百合ケ丘駅
  • 小田急とヴァル研がMaaSデータ基盤を整備

小田急電鉄とヴァル研究所は4月4日、鉄道やバス、タクシーなどの交通データやフリーパス・割引優待等の電子チケットを提供するためのデータ基盤「MaaS ジャパン」を共同開発することで合意したと発表した。

小田急電鉄は、開発するデータ基盤を利用してMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)アプリケーションを使って2019年末までに箱根エリアと新百合ヶ丘・町田エリアで、利用者のニーズなどを確認する実証実験を実施する。

このデータ基盤はMaaSアプリケーションへの提供を前提とした日本初のオープン共通データ基盤として、他の交通事業者や自治体が開発するMaaSのアプリケーションに活用できるようにする。このため、小田急電鉄が実施する実証実験の対象エリア以外でも、交通事業者や自治体がMaaSの実証実験を簡単に実施できる環境を提供する。

小田急とヴァル研がMaaSデータ基盤を整備小田急電鉄は、小田急グループの鉄道やバスなどの交通データを、データ基盤に接続するとともに、ホテルや商業施設のシステムとも連携していく。

ヴァル研究所は、シェアサイクルと公共交通の複合経路検索サービス「mixway(ミクスウェイ)」を開発した実績を活用し、鉄道やバス、タクシーのほか、オンデマンド交通にも対応したデータ基盤を開発する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集