フィスカーの新型EV、2021年の生産開始に向けて元トヨタ重役を起用

フィスカーの新型EVのティザーイメージ
  • フィスカーの新型EVのティザーイメージ

フィスカー(Fisker)を率いるヘンリック・フィスカー氏は4月5日、新型EVの新たなティザーイメージを公開した。

この新型EVは、2021年後半に発売する予定の電動SUVだ。バッテリーの蓄電容量は、標準仕様でおよそ80kWh。1回の充電での航続は、最大およそ300マイル(約483km)となる。

また、駆動方式は4WD。前後アクスルにモーターを搭載すると見られる。米国でのベース価格は、4万ドル(約447万円)以下と、従来のフィスカーの電動モデルと比較すると、大幅にリーズナブルな価格を実現する。

ヘンリック・フィスカー氏は今回、この電動SUVの2021年の生産開始に向けて、ドン・ジャクソン氏を招へいしたと発表した。ドン・ジャクソン氏は、フォルクスワーゲンやトヨタにかつて在籍し、トヨタではTMMTX(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・テキサス)の副社長を務めた経験を持つ。

ヘンリック・フィスカー氏は、ドン・ジャクソン氏の豊富な経験が、新型EVの生産体制の構築に生かされるだろう、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 日産 ジューク 新型に「e-POWER」採用か、フルEVの可能性も 画像 日産 ジューク 新型に「e-POWER」採用か、フルEVの可能性も
  • 【ジャガー I-PACE 新型試乗】EVでありSUVである前に「このクルマ、何!?」…島崎七生人 画像 【ジャガー I-PACE 新型試乗】EVでありSUVである前に「このクルマ、何!?」…島崎七生人
  • テスラEV世界販売が倍増、モデル 3 は6倍以上に 2019年第1四半期 画像 テスラEV世界販売が倍増、モデル 3 は6倍以上に 2019年第1四半期
  • フォードモーターが新型電動車16モデル、2020年発表予定の高性能EVは航続595kmに 画像 フォードモーターが新型電動車16モデル、2020年発表予定の高性能EVは航続595kmに

特集