住友理工、電動車向けモーターマウントなど紹介予定…上海モーターショー2019

住友理工 ブースイメージ
  • 住友理工 ブースイメージ
  • トヨタ MIRAIに搭載されているモーターマウント
  • 放熱する防音材 MIF
  • イスの座面にSR センサが内蔵されている

住友理工は、4月16日から25日に中国で開催される上海モーターショー2019に出展すると発表した。

中国では、 EVやPHEV、FCVなど、新エネルギー車(NEV)への需要がますます高まりを見せており、2018年のNEV販売台数は約120万台と前年同期比で約6割も増加。現在は新車販売台数の数パーセントにとどまるNEVも、補助金制度や NEV規制の追い風を受けて、2030年には3割を超えるという見通しもあり、この分野でも重要な市場になると予測される。そこで住友理工は、上海モーターショーにて、NEV向け製品をはじめ、環境規制に対応した製品、そして未来のクルマの快適性や安全性に貢献する先進技術など、幅広い製品ラインアップを紹介する。

同社ブースでは、国内外の大衆車から高級車まで幅広く使用されている電動車向けモーターマウントを展示。モーターを支持しながら、エンジンとは違う高周波領域のモーター振動とそれに伴う不快な騒音を低減し、走行時の乗り心地の向上を実現する。

また、世界初の放熱する防音スポンジ(発泡ウレタン)「MIF(Magnetic Induction Foaming)」は、熱伝導粒子を入れたウレタンを磁界中で発泡成形することで粒子がつながり、熱の通り道を形成。一般的な発泡ウレタンの20~100倍ものより効率的な放熱性能を実現する。熱を発する電子部品の多いEVやPHV などの電動車、車載電装機器などの騒音・熱対策に貢献する。

同社独自開発のすべてゴムでできたセンサー「スマートラバー(SR)センサ」は、運転手の心拍や呼吸などの生体情報(バイタルデータ)を検知する「ドライバーモニタリングシステム」としての活用を目指す。検知したバイタルデータから、疲労や居眠り、急病予兆などドライバーの状態を推定し、警告や運転支援システムの作動、外部への通報などのサービスへつなげる。今回はSRセンサが内蔵された、座るだけでバイタルデータを検知する特別なイスを出品し、来場者に体験してもらう。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集