キハ40形に代わるH100形量産車を新製、快速『エアポート』は毎時5本態勢に…JR北海道2019年度の事業計画

2018年2月に試作車1編成が登場したH100形気動車。JR北海道初の電気式気動車で、2019年度は量産車の新製が開始される。2019年1月撮影。
  • 2018年2月に試作車1編成が登場したH100形気動車。JR北海道初の電気式気動車で、2019年度は量産車の新製が開始される。2019年1月撮影。
  • 新製される観光列車用の多目的車「キハ261系5000番台」(仮称)。塗色は2パターンあり、こちらは「はまなす編成」と呼ばれるもの。
  • キハ261系5000番台(仮称)のもうひとつの塗色「ラベンダー編成」。
  • 731系電車は登場から20年以上が経過していることから、重要機器の置換えが進められる。2019年2月撮影。
  • 新千歳空港~札幌・小樽間の快速『エアポート』は、毎時4本から5本に増強される予定。2019年2月撮影。

JR北海道は3月29日、2019年度の事業計画を発表した。

2030年度に予定されている北海道新幹線札幌開業に際して経営自立を目指すという、国土交通省からの監督命令の下に経営基盤の強化などを図るとともに、2019年度は持続可能な交通体系を構築するための「第1期集中改革期間」の初年度にあたることから、利用が少なく鉄道を持続的に維持する仕組みを構築する必要がある線区では利用促進やコスト削減を、鉄道よりも他の交通機関が適しているとする線区については「地域の足となる新たなサービスへの転換」を進めるとしている。

第1期集中改革期間では2020年度まで国から400億円の支援を受けることになっているが、第2期集中改革期間に入る2021年度以降の支援については、2019~2020年度の実績を検証したうえで、支援継続に必要なJR会社法の改正法案を国会へ提出することを検討するとされていることから、JR北海道では「監督命令を重く受け止め、経営自立へ向けた取り組みを着実に実行していく」としている。

持続可能な交通体系を構築については、4月1日には石勝線夕張支線(新夕張~夕張)が、2020年5月7日には札沼線(学園都市線)北海道医療大学~新十津川間の廃止が決定しているが、日高本線(鵡川~様似)については「引き続き他の交通機関との代替も含めた協議を推進する」、留萌本線(深川~留萌)については「バス等への転換について地域のご理解が得られるように協議を進める」、根室本線(富良野~新得)については「最適な公共交通ネットワークに関するご相談を継続し、地域の皆様のご理解が得られるよう取り組む」としている。

車両面では、安全性と利用促進を考慮して老朽車両の置換えを推進。キハ40形気動車を置き換えるため、2018年2月に試作車が登場しているH100形気動車量産車や261系特急型気動車の新製、731系電車の重要機器置換えを実施する。冬期の除雪対策としては、ラッセル気動車の新製や除雪機械の更新を行なう。

また、7~9月にはJR東日本からトロッコ列車『びゅうコースター風っこ』を、2020年5~8月には東京急行電鉄(東急)から『THE ROYAL EXPRESS』を借り受けて観光列車の運行を予定しているが、JR北海道でも観光列車に使用できる多目的車両キハ261系5000番台(仮称)の新製に着手する。

在来線の輸送については、引き続き札幌圏で重点的に増強され、快速『エアポート』の毎時5本化を実施。札幌開業時に鉄道事業における収益の柱となることが期待されている北海道新幹線では、青函トンネル内の200km/h走行に必要な軌道整備や運行管理システムの改修、貨物列車の誤進入防止システムの開発などに取り組むとともに、札幌開業時の停車駅となる函館本線長万部駅(長万部町)や倶知安駅(倶知安町)では支障移転工事を実施。札幌駅(札幌市北区)のホーム設計も進められる。サービス面では新幹線IC乗車サービスの導入なども図られる。

このほか、2020年4月に白老町に民族共生象徴空間『ウポポイ』がオープンすることに伴ない、白老駅に停車する特急を増発することを検討。QRコードを活用した乗車券類の発売や「話せる券売機」の拡充など、旅客の利便性向上にも努める。10月には運賃改定を予定しており、鉄道事業法上での手続きを進めるとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • JR北海道が新たな観光列車を導入へ…キハ40形とキハ261系5000番台 2019-20年 画像 JR北海道が新たな観光列車を導入へ…キハ40形とキハ261系5000番台 2019-20年
  • JR北海道の客室乗務員サービスが全廃へ、JR九州も九州新幹線で…続く赤字、人材確保も困難に 画像 JR北海道の客室乗務員サービスが全廃へ、JR九州も九州新幹線で…続く赤字、人材確保も困難に
  • まずは「利用促進ありき」…北海道がJR北海道を支援する「鉄道活性化協議会」を設立 画像 まずは「利用促進ありき」…北海道がJR北海道を支援する「鉄道活性化協議会」を設立
  • JR北海道維持困難線区への支援は縮小か?…石井大臣は否定 地方財政措置問題 画像 JR北海道維持困難線区への支援は縮小か?…石井大臣は否定 地方財政措置問題

特集