日本交通×第一園芸コラボ、「お花見タクシー」を運行 3月20日から

お花見タクシー
  • お花見タクシー
  • 千鳥ヶ淵 (AC)
  • お花見タクシー
  • モデルコース(3時間)

日本交通と第一園芸は、都内の桜名所を満喫できる観光タクシー「お花見タクシー」を3月20日から4月10日までの期間限定で運行する。

お花見タクシーは、創業120年の第一園芸と創業90年の日本交通という老舗企業がコラボ。第一園芸が監修する都内の桜の名所を、東京観光タクシーのプロドライバーが効率よく、かつ快適に案内する。利用客の要望に合わせてドアtoドアでゆったりと桜を満喫でき、小さな子ども連れの家族、女子会での利用や、遠方に住む両親へのプレゼント等にもおすすめだ。

お花見タクシーでは、桜色の「幸運の“桜にN"」行灯を装備した特別仕様車4台を用意。車体に桜の花デザインを配置するだけでなく、車内を特製の桜の一輪挿しで装飾し、ブランケットを用意する。車内では、第一園芸から桜の知識に関するナレッジの共有を受けたドライバーが「桜ガイド」となり、胸に桜のブートニアをつけて利用客を迎え、桜やお花見に関する豆知識などを紹介する。

お花見プランは、事前に利用客の要望を尋ね、第一園芸監修のお花見スポットから作成。また、日本交通に約80名在籍する東京観光タクシー乗務員が常に情報連携しているので、リアルな桜の開花情報に基づき「今、最も美しく鑑賞できる」最良のお花見スポットへ案内できる。

料金は3時間1万4950円より、以降30分毎に2420円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集