BMWモトラッド、大阪・東京モーターサイクルショー2019で新型 S1000RR などを日本初公開へ

BMWモトラッドの大阪および東京モーターサイクルショー2019のブースイメージ
  • BMWモトラッドの大阪および東京モーターサイクルショー2019のブースイメージ
  • BMWモトラッド(東京モーターサイクルショー2018)
  • BMWモトラッド(東京モーターサイクルショー2018)

BMWモトラッドは、3月15日から17日までインテックス大阪で開催される大阪モーターサイクルショー2019と、3月22日から24日まで東京ビッグサイトで開催される東京モーターサイクルショー2019での出展内容を発表した。

両モーターサイクルショーでは、スーパースポーツの新型『S1000RR』をはじめ、新世代ボクサーエンジンを搭載したオールラウンダーの『R1250R』、スポーツツアラーの『R1250RS』を日本初公開。さらに、2019年ニューモデルとして『R1250RT』『R1250GS』『R1250GSアドベンチャー』『C400GT』など、多彩な新型モデルを出展する。

また、ブース内には、R1250GSアドベンチャーと一緒に撮影ができる、オフロード環境をリアルに再現したフォトブースを用意。さらにレーシングスクール「CSS(カリフォルニア・スーパーバイク・スクール)」とのパートナーシップが発表される予定。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集